お客様のニーズに最もふさわしい通訳者を選び、
ご満足いただける通訳サービスを提供いたします。



経験豊富な専任の通訳コーディネーターが詳細にヒアリングをし、最後までしっかりサポートします。

Zoom、Microsoft Teamsなどを利用したオンライン通訳もございます。

MIKの通訳 

3つの特徴

通訳者は適確に伝える
プロフェッショナル

優秀な通訳者は、正確で分かりやすい通訳サービスを提供します。ミックの通訳者は高い言語能力と専門知識はもちろん、優れた判断力や洞察力を持って、その場に最も適した言葉にしてお伝えいたします。

あらゆる言語・分野の
多様なフィールドに対応

英語だけでなく、中国語、韓国語、インドネシア語、タイ語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語など、世界の様々な言語に対応しています。また、ビジネス、科学技術、学問などあらゆる分野・業種の多種多様なフィールドで、確かな実績を重ねてきました。

通訳コーディネーターが
最適プランをご提案

質の高い通訳には、事前の念入りなヒアリングが必要です。お気軽にご相談くだされば、当社の通訳コーディネーターが、お客様の通訳ご利用の日時、場所、背景・目的、参加者、言語、通訳機材などを細かく確認し、通訳形式から体制、機材の選定まで、責任を持ってサポートいたします。

サービス内容

通訳形式

タイプ特徴体制対応場面
同時通訳通訳者が通訳ブースの中に入り、ヘッドフォンを通して話者の声を聞きながら、ほぼ同時に訳していく方法。同時通訳機材を使用します。聞き手にはレシーバーを通して通訳音声を届けます。話者の声とほぼ同時に通訳が聞こえるため、効率よく時間を使うことができます。また、通訳者の声はブースの外にほとんど漏れないため、通訳を必要としない方の邪魔になりません。通訳者は、ブース内で話者の声を集中して聞き取り、精度の高い訳出をします。高度なスキルと集中力を要するため、3時間以内の業務では2名体制、3時間を超える業務では3名~4名でチームを組み、15~20分毎に交代して通訳をします。大規模な国際会議、学術会議、株主総会、講演会、パネルディスカッション、シンポジウム、フォーラム、ワークショップ、大人数でのセミナー、記者会見など
ウィスパリング同時通訳と同様、話者とほぼ同時に訳していく方法。ただし、通訳者はブースには入らず、音響設備を通さないで、通訳を必要とする方(通常、1~2名)の後ろまたは横に就いて、周りの人の邪魔にならない程度の小声で通訳をします。聞き手が3名以上になる場合は、簡易機材が必要です。また、生耳で空中から音を取ることが多いため、同時通訳ほどの精度を保つのは難しくなります。同時通訳と同様、通訳者には高度な能力が要求されるため、1時間以内の会議(休憩時間含む)であれば1名で対応可能ですが、1時間を超える場合は2名体制、3時間以上の場合は3名~4名体制となります。少人数での会議 、商談、セミナー、研修、インタビューなど
逐次通訳話者がある程度の長さで一旦発言に区切りを入れて、それから通訳者が訳していく方法。会場には、話者または通訳者の音声のどちらかのみが発生しています。より正確な通訳が可能となりますが、発言が原語と訳語で繰り返されるため、通常にかかる発言時間の約2倍の時間が必要です。半日の場合は1名体制、一日の場合は2名体制となります(随行通訳を除く)。商談、社内会議、工場視察、表敬訪問、アテンド通訳、セミナー、研修など

通訳形式

同時通訳

<特長>
通訳者が通訳ブースの中に入り、ヘッドフォンを通して話者の声を聞きながら、ほぼ同時に訳していく方法。同時通訳機材を使用します。聞き手にはレシーバーを通して通訳音声を届けます。話者の声とほぼ同時に通訳が聞こえるため、効率よく時間を使うことができます。また、通訳者の声はブースの外にほとんど漏れないため、通訳を必要としない方の邪魔になりません。

<体制>
通訳者は、ブース内で話者の声を集中して聞き取り、精度の高い訳出をします。高度なスキルと集中力を要するため、3時間以内の業務では2名体制、3時間を超える業務では3名~4名でチームを組み、15~20分毎に交代して通訳をします。

<対応場面>
大規模な国際会議、学術会議、株主総会、講演会、パネルディスカッション、シンポジウム、フォーラム、ワークショップ、大人数でのセミナー、記者会見など

ウィスパリング

<特長>
同時通訳と同様、話者とほぼ同時に訳していく方法。ただし、通訳者はブースには入らず、音響設備を通さないで、通訳を必要とする方(通常、1~2名)の後ろまたは横に就いて、周りの人の邪魔にならない程度の小声で通訳をします。聞き手が3名以上になる場合は、簡易機材が必要です。また、生耳で空中から音を取ることが多いため、同時通訳ほどの精度を保つのは難しくなります。

<体制>
同時通訳と同様、通訳者には高度な能力が要求されるため、1時間以内の会議(休憩時間含む)であれば1名で対応可能ですが、1時間を超える場合は2名体制、3時間以上の場合は3名~4名体制となります。

<対応場面>
少人数での会議 、商談、セミナー、研修、インタビューなど

逐次通訳

<特長>
話者がある程度の長さで一旦発言に区切りを入れて、それから通訳者が訳していく方法。会場には、話者または通訳者の音声のどちらかのみが発生しています。より正確な通訳が可能となりますが、発言が原語と訳語で繰り返されるため、通常にかかる発言時間の約2倍の時間が必要です。

<体制>
半日の場合は1名体制、一日の場合は2名体制となります(随行通訳を除く)。

<対応場面>
少人数での会議 、商談、セミナー、研修、インタビュー対応など

通訳者のクラス

Sクラス

同時通訳、ウィスパリング通訳、逐次通訳。実務経験10年以上。専門用語を用いた正確かつ的確な通訳ができる。技術、文化、経済、政府関係、超VIPアテンドなど幅広い分野での通訳が可能。

Aクラス

ウィスパリング通訳、逐次通訳。実務経験10年以上。専門用語を用いた正確かつ的確な通訳ができる。監査、重要会議、セミナー、シンポジウムなど。

Bクラス

逐次通訳。実務経験5年以上。一般的な商談、社内研修など。

アテンドクラス

専門性を含まない買物、観光の付き添いなど。

観光ガイド

ライセンスを持つ通訳案内士が、言語能力のみならず、日本の地理・文化・歴史・政治・経済・産業などの幅広い知識とコミュニケーション能力を活かしての案内が可能。インセンティブツアー、エクスカーション、研修ツアー、VIPアテンドなど。

対応言語

英語 韓国語 中国語 台湾語 タイ語 インドネシア語 ベトナム語 タガログ語 ネパール語 イタリア語 スペイン語 ドイツ語 フランス語 ポルトガル語 ロシア語 ハンガリー語 チェコ語 トルコ語 アラビア語 セルビア語 など

その他の言語についても、お気軽にお問い合わせください。ただし、ご依頼時のタイミングなどにより、対応できない言語や分野もございますので、予めご了承ください。

対応分野

国際交流、芸術・文化、観光、製造・機械、流通、建築、政治・経済、金融、環境、教育、法律、医学、科学、情報・通信、交通 など

関連サービス

同時通訳機材

同時通訳をご利用の際は、通訳機材のレンタル及び専門のエンジニアによる設営や本番の立会い、オペレーション、撤去も承っております。同時通訳システムは、通訳者ブース、レシーバー、送信機、マイク、通訳者ユニット、ミキサー・アンプ、録音機器など、さまざまな機材から構成されています。エンジニアは話し合いの内容や施設の状況などに合わせて、最も効果的なシステム構築をご提案いたします。

翻訳

案内状、挨拶原稿、プレゼン原稿、御礼状、契約書などの文書の翻訳を承ります。翻訳は、内容や分野に合わせて、専門知識のある経験豊富な翻訳者が担当いたします。

録音

音声のデジタル録音を承ります。例えば、日英通訳の場合、日本語、英語、オリジナル(会場の音声そのまま)の3つのファイルの録音ができます。

テープ起こし

会議、講演会、シンポジウム、プレゼンテーション、インタビューなどで録音された音声を文書化します。通常、日本語の「あのー」、「えーと」などに相当する不要な間投詞や同一表現の連呼は取り除き、また、スピーカーが確実に言い間違えたと判断される部分は、適切な言葉に差し替えます。その他の対応言語につきましては、お問い合わせください。起こした文章の翻訳も承ります。

事務局代行

国際会議・シンポジウム・講演会・企業内セミナー・研修・展示会などの企画運営などをサポートします。